【試験投稿】金色夜叉

未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて、真直に長く東より西に横はれる大道は掃きたるやうに物の影を留めず、いと寂くも往来の絶えたるに、例ならず繁き車輪の輾は、或は忙かりし、或は飲過ぎし年賀の帰来なるべく、疎に寄する獅子太鼓の遠響は、はや今日に尽きぬる三箇日を惜むが如く、その哀切に小き膓は断れぬべし。

記事を読む

【試験投稿】掟上健忘子の時空糸

立命館大学インターン 石尾 鰊 暗闇が部屋を包み込んでいた。時計の針が静かに進む音だけが聞こえ、その音が部屋に張り巡らされた緊張感を一層際立たせていた。 掟上健忘子は、座っていた椅子から身を乗り出し、手元のテーブルに置か […]

記事を読む

【試験投稿】瀬戸内少年野球団

『瀬戸内少年野球団』(せとうちしょうねんやきゅうだん)は、淡路島出身である阿久悠の自伝的長編小説。阿久悠の個人誌『月刊you』に1978年2月から1979年10月まで連載、文藝春秋より1979年11月5日に刊行された。終戦後の淡路島を舞台に、野球を通じた女教師と子供たちとのふれあいと絆を描く。第82回(1979年度下半期)直木賞候補作。

記事を読む

【試験投稿】丘の家のミッキー

主人公である浅葉未来(あさば みく)は、東京都心にあるカトリック系の超お嬢様学校『私立 華雅学園』の中等部の生徒。周囲からは洗礼名である“ミシェール”と呼ばれている。この学園には、家柄・住居の場所・保護者の職業など、一般に一流のセレブと言われる条件を兼ね備えた者のみが選りすぐられ、籍を置くことが許される「ソロリティー」という社交クラブが存在している。未来は幼なじみの琴子(通称:トコ)と共にソロリティーに所属していることが誇りである。また、クラブの代表である上級生の麗美に崇拝にも近い憧れを抱いている。

記事を読む

【試験投稿】大阪を歩く

 私の父は、今でも、大阪に住んでいる。南区内安堂寺町二丁目という所で、誰が、何う探したって判らない位の小さい所――四畳半と、二畳との穴の中で、土蜘蛛のように眼を光らしている。

記事を読む

【試験投稿】成学即身実業の説、学生諸氏に告ぐ

 学問に志して業を卒りたらば、その身そのまま即身実業の人たるべしとは、余が毎に諸氏に勧告するところにして、毎度の説法、聴くもわずらわしなど思う人もあるべけれども、余が身に経歴したる時勢の変遷を想回えして、近く第二世の事を案ずれば、他人のためならで、自身の情に自から禁ずること能わざるものあれば、これを諸氏に説き明らかにして、かねてまた諸氏の父兄にもこの意を通達せしめんと欲するものなり。

記事を読む

【試験投稿】ヰタ・セクスアリス

 金井湛(しずか)君は哲学が職業である。
 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。文科大学を卒業するときには、外道(げどう)哲学と Sokrates 前の希臘(ギリシャ)哲学との比較的研究とかいう題で、余程へんなものを書いたそうだ。それからというものは、なんにも書かない。

記事を読む